【スマート農業の普及を目指して】

 新潟県は、四季の移ろい豊かな大自然に囲まれ、肥沃な大地を有しています。

 

ご存知の通り新潟県は雪国であり、冬には多いところでは2mを超える雪が降り積もります。

 

山々に降り積もった雪はやがて、栄養満点の雪解け水となり、

 

私たちに自然の恵みをもたらします。

しかし、この雪深い冬を乗り越えることこそが、

 

新潟の農業界の大きな課題でもあります。

 

新潟県のトマト農家は、露地栽培が少なくありません。

 

すると、雪が降り積もる冬季にはどうしても供給量が減ってしまいます。

 

ベジ・アビオでは、環境制御型太陽光植物工場を導入し、季節や天候に左右されない

 

スマート農業に取り組んでいます。

 

 

 理念に掲げた「新潟県の農業活性化と人材育成」を実現すべく、先端技術を活用しながら

 

地域の実状に合ったモデルを構築し、地域への普及に努めてまいります。

 

 そして、こうした取り組みに共感してくださる皆さまと共に、

 

新潟の農業の未来を担う、若手農業者の育成にも尽力して参ります。