今日は、とマとマとマとが甘くておいしくなる様子を、少しだけ覗いてみましょう👁👌!


トマトが育つ過程で、このように上半分がくっきりとした濃い緑色(ベースグリーンといいます)になると、熟した後にとっても甘くなると言われています。
濃い緑になる理由は【水を与えすぎない】こと。水を少なくすると、通常葉っぱでとる光合成を果実でもとろうとするため、緑色に。そして、光合成によって果実に栄養が集まりやすくなって、甘みやうまみが高まるんです。
この後は、2枚目のように、下からだんだん赤みがついていくように。
最後は3枚目のように濃い緑はなくなり、真っ赤なとマとマとマとの完成です🍅👏。


ちなみに、果実は茎に近い方から栄養が通っていくので、基本的には4枚目のように順々に赤くなっていきます。
ベジ・アビオは、この他にもいろんな工夫でおいしいトマトを作れるよう頑張っています!その方法はまたご紹介していきますね〜!